Emily’s Shop Emily’s Shopでは、女性の基礎エイジングケア商品を揃えています。シミ・くすみのエイジングサインにアプローチし、「隠すメイク」から本来の肌を「取り戻すスキンケア」へ。京都大学で発見された化粧品成分「MCA」を配合している商品は全ての年代の女性におすすめです。その他、人気のスマホケース等も揃えてお待ちしています。

美容に月いくらかける?学生〜40代の年代別平均値と特徴を紹介

お金のかかる美容アイテム美容に月いくらかける?年代別の平均美容代を紹介

この記事を読むための時間:3分

「美容に月々どれくらいのコストをかけるのが一般的なのだろう」と、気になったことはありませんか?自分は使いすぎかもしれないと感じている人も、もっと使ってもいいかもしれないと思う人もいるでしょう。そこでこの記事では、学生〜40代の年代別に平均的な美容代を紹介します。美容に月いくらかけるべきか、もう一度考えたいという方はぜひ参考にしてください。

学生の女性は美容にいくらかけている?

この記事では、株式会社リクルートライフスタイルの「若年層美容に関する世代比較調査」を参照しつつ、平均値や特徴を紹介します。まずは、学生の美容代から見ていきましょう。

平均は5,000円前後

金銭的余裕があまりない学生は、アルバイトの給料やお小遣いから美容代を出しています。そのため、月にかける美容代は5,000円前後に抑えられているようです。コスメやスキンケアはプチプラのものを選び、節約している人がほとんど。まだ若く肌が綺麗であることも、美容代がかからない理由のひとつでしょう。

ヘアサロンが出費を占める

学生の美容代の多くをヘアサロン・美容院代が占めているようです。平均で年に3.8回、3ヶ月に1回以上は通っており、一回の費用は4,000〜8,000円ほど。特にカットだけでなく、カラーやパーマをする人は出費が増えてしまいます。なかには自分で髪を染めているという人も多いでしょう。

20代女性は美容にいくらかけている?

続いて、20代女性の美容代について見ていきましょう。

平均は9,000円前後

働き始めて自由に使えるお金が増える20代女性は、美容にかけるお金もぐんと高くなります。「デパコス」と呼ばれるブランドコスメを購入したり、高価なスキンケアを購入したりと、普段使用するものに気を使い始める人も多いでしょう。とはいえ、20代でも既婚女性や、収入がまだ少ない人もいます。そのため月にかける平均費用は9,000円ほどのようです。

脱毛やマツエク、ネイルサロンに通う人が多い年代

20代は、コスメやスキンケア、そして美容院だけでなく、脱毛サロンやマツエク、ネイルサロンなどに通い始める人が多い年代。株式会社リクルートライフスタイルの「若年層美容に関する世代比較調査」を参照しても、学生・30代・40代と比べて、20代が最も多いです。また、美容院で1回にかける費用も増える傾向にあります。

30代女性は美容にいくらかけている?

続いて、30代女性が美容にいくらかけているのか見ていきましょう。

平均は7,000円前後

30代女性は、既婚か未婚かによる差が大きいです。未婚の場合は、同じ年代の既婚女性に比べてより美容意識が高く、収入も上がります。加えて、年齢に負けない「エイジングケア」を意識し始める人も多いため、20代の頃よりも美容代があがる人も多いでしょう。一方、既婚の場合は、家計のために節約している人が多いです。その結果、平均は7,000円前後になります。

フェイシャルエステに通う人が多い年代

20代に比べると、脱毛サロンやマツエク、ネイルサロンといった美容サロンに通う人は減ります。しかし、30代は年齢による肌やフェイスラインの変化が気になる年代のため、フェイシャルエステに通う人が増えるようです。また、金銭的に余裕がある人のなかには、リラクゼーションサロンや痩身エステに通う人も増えるでしょう。

40代女性は美容にいくらかけている?

最後に、40代女性が美容にいくらかけているのか見ていきましょう。

平均は6,500円前後

40代になると「エイジングケア」の意識がより高まる一方、高級志向が薄まるため、美容にかける費用は下がる人が多いようです。かといって、基礎化粧品やコスメの質をガクッと下げるわけではありません。ブランドで選ぶのをやめて「安心できるもの・信頼できるもの」を探す人が多くみられるのです。

ボディエステに通う人が多い年代

40代は、サロンやエステに通う人が減る傾向にあります。そんななかでは、整体やマッサージなどのボディ系エステ、リラクゼーションサロンに通う人が多め。また、髪の悩みが増え始めるので、美容院で使用する費用が若干高くなる人も多いようです。

美容に月いくらかけるべきか考えてみよう

学生〜40代の年代別の、平均的な美容代を紹介しました。今回紹介した値はあくまでも目安として、自分は美容に月いくらかけるべきか今一度考えてみませんか?自分の「年収」と「美容の優先度」を照らし合わせて決めるのがおすすめです。自分に合った範囲・方法で、無理なく美容を楽しみましょう。

頑張る女性の肌基礎ケア化粧品と高品質なスマホケース等を扱う雑貨店|Emily’s Shop

Emily’s Shop

Emily’s Shopでは、女性の基礎エイジングケア商品を揃えています。シミ・くすみのエイジングサインにアプローチし、「隠すメイク」から本来の肌を「取り戻すスキンケア」へ。京都大学で発見された化粧品成分「MCA」を配合している商品は全ての年代の女性におすすめです。その他、人気のスマホケース等も揃えてお待ちしています。

屋号 Emily’s Shop
住所 〒562-0014
大阪府箕面市萱野1-5-15パークシティ箕面B102
営業時間 9:00~18:00
定休日:日・祝
代表者名 荒本 絵美
E-mail info@emilys-shop.com

コメントは受け付けていません。

特集

Emily’s Shop Emily’s Shopでは、女性の基礎エイジングケア商品を揃えています。シミ・くすみのエイジングサインにアプローチし、「隠すメイク」から本来の肌を「取り戻すスキンケア」へ。京都大学で発見された化粧品成分「MCA」を配合している商品は全ての年代の女性におすすめです。その他、人気のスマホケース等も揃えてお待ちしています。

9:00~18:00
定休日:日・祝